スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたりの距離の概算 米澤穂信

ふたりの距離の概算ふたりの距離の概算
(2010/06/26)
米澤 穂信

 近場の図書館で見つけたので、読みました。
 <古典部>シリーズ5作目。米澤穂信11作目。過去感想↓
 <古典部>シリーズ 『氷菓(シリーズ1作目)』『愚者のエンドロール』『クドリャフカの順番』『遠回りする雛
 <小市民>シリーズ 『春期限定いちごタルト事件(シリーズ1作目)』『夏期限定トロピカルパフェ事件』『秋期限定栗きんとん事件(上)(下)
  『犬はどこだ』『さよなら妖精』『ボトルネック

【粗筋】
春を迎え、奉太郎たち古典部に新入生・大日向友子が仮入部することに。だが彼女は本入部直前、急に辞めると告げてきた。入部締切日のマラソン大会で、奉太郎は長距離を走りながら新入生の心変わりの真相を推理する!


 二年生になった折木たち。50を超える部活がひしめく神山高校において、新入生勧誘のための説得材料を何一つ持たないはずの古典部へ、新しい部員がひとり、仮入部することに。
 しかし大日向は、仮入部期間の終了直前、入部を取りやめると言い出す。
 折木は、千反田と大日向の間に横たわる誤解を紐解くことになります。しかも自分から進んで、です。『氷菓』のころの折木とは別人です。

 この作品は舞台装置が面白いんです。
 大日向が辞めると言い出した翌日が入部締切日で、20kmを走破する強制マラソン大会の開催日になっています。必然的に、走りながら考えることになる。
 マラソン大会は、クラスごとにスタートの順番が決まってます。
 2年A組の折木は、運営側の福部、後からスタートする2年C組の伊原、2年F組の千反田、古典部員のそれぞれに、「なぜ」を解明するための質問を、手短にぶつける。そして1年の大日向に追いつかれるまでに、ある程度の推理を済ませておかないといけない、というわけです。

 のんびり走りながらできるだけ記憶を手繰り寄せ、「大日向はなぜ入部を取りやめるのか」というメインテーマを考える。そのメインだけでなく、過去の時制での小さな謎と小さな謎解きを織り交ぜるので、ダレるところがありません。

 千反田と折木の関係にも前作からまた微妙に変化があり、そこも読んでいて楽しかったですね。折木の変化は前作で書かれていましたが、千反田も結構、謎解き以外でも折木に不満げな顔とか、取り繕ってない表情を見せたりするようになってて。折木の家に千反田が来た事をお互いに黙っていた所とか、好きでした。

 後味があまりよくないのを含めて、この本も、満喫しました。
 続きそうな気配もあるので、続刊にも期待したいですね。
関連記事

コメント

ミステリとしてはちょっと弱いかなとも思いますが
まだ2年生になったばかりの古典部の今後の活躍がやはり楽しみです!。
トラックバックさせていただきました。

  • 2011/10/01 (土)
  • 藍色 #-
  • URL

藍色さんの「謎解きというより人間観察」はぴったりの表現だなと思いました。
よく考えたら古典部員たちはまだ二年生ですかー。
折木もずいぶん自分から積極的に動くようになりましたし、続きも楽しみですね。

以前、米澤さんが本の番組に出演していた時、このシリーズは自分でも楽しんで書いていると言っていた憶えがあるので、完結までちゃんと書きあげてくれそうです。

  • 2011/10/01 (土)
  • SET #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

春を迎え、奉太郎たち古典部に新入生・大日向友子が仮入部することに。だが彼女は本入部直前、急に辞めると告げてきた。入部締切日のマラソン大会で、奉太郎は長距離を走りながら新入生の心変わりの真相を推理...

  • 2011/10/01 (土)
  • 粋な提案
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。